振り込め詐欺に遭いやすい名

posted by: takkongu

振り込め詐欺に遭いやすい名 はコメントを受け付けていません。

振り込め詐欺の被害が絶えない現状を受け、大分県警が「被害に遭いやすい名前」の人に、NTTの電話帳から氏名を削除するよう促しているそうです。対象となるのは高齢女性に多いキク」「ハナ」といったカタカナ表記の名前か、名前の末尾が「代」「枝」「江」「子」などの人。NTT西日本は「振り込め詐欺に使われるのは不本意」と協力的だと言うことです。

振り込め詐欺の被害者は電話帳に名前を載せている人が多い上、独り暮らしの高齢者を狙う犯人は、年配女性に比較的多いこれらの名前を電話帳から探し出す傾向があるという。そのため、県警は昨年11月までに約1万7千枚のはがきを県内に発送、文面で電話帳の個人情報が詐欺に使われやすいことを伝え、氏名の削除手続きができる電話番号「116」を紹介しているとのことです。

なるほど、そう言う物を手がかりにしていたのか。年代毎に流行の名前、と言うのはあるから。それにしても、まったく、よく考える物です。

posted in: 事件・裁判
tagged with: ,

ユーロ、一時100円73銭

posted by: takkongu

ユーロ、一時100円73銭 はコメントを受け付けていません。

28日のニューヨーク外国為替市場で、円は対ユーロで一時、1ユーロ=100円73銭まで上昇し、2001年6月以来約10年半ぶりの円高・ユーロ安水準をつけました。

アメリカの輸出企業が年末の決済を控え、ドルを確保するためユーロを売った影響が大きかったとかで。リーマンショックの前、ドル独歩安と言われた頃、非常にユーロが強く「ギャラはドルではなくユーロにしてくれ」と言ったスポーツ選手だか芸能人だかがいました。あれから5年もたっていないのに、ギリシャで巨額の財政赤字が隠蔽されていたことが発覚し、金融危機がユーロ圏全域に波及。さらに世界中を巻き込んでパニック状態となり、ユーロの存続さえ危ぶまれる事態。あのとき、本当にギャラをユーロで貰っていたなら、今頃大暴落で目も当てられないでしょう。

日本にとっても深刻で、円高・ユーロ安とユーロ圏の景気悪化で輸出が激減、または為替差損の発生で企業の業績が悪化すれば、長引く景気低迷とデフレが益々悪化してしまいます。

posted in: 政治・経済
tagged with: , ,

内柴正人容疑者を準強姦罪で起訴

posted by: takkongu

内柴正人容疑者を準強姦罪で起訴 はコメントを受け付けていません。

東京地検は27日、教え子の女子柔道部員に酒を飲ませて暴行したとして、アテネオリンピックと北京オリンピックの柔道男子66キロ級金メダリストで、元九州看護福祉大女子柔道部コーチの内柴正人容疑者(33)を準強姦罪で東京地裁に起訴しました。内柴容疑者は「合意があった」と容疑を否認しているということです。

内柴正人は1999年に嘉納治五郎杯男子60kg級で優勝、同年のオーストリア国際男子60kg級でも優勝。しかし、同じ年の全日本選抜柔道体重別選手権で減量に失敗、計量を前に道端で倒れ出場辞退しました。
その後、翌年の世界大学選手権男子60kg級で優勝し、全日本選抜柔道体重別選手権男子60kg級で3位になると、2001年のユニバーシアード男子60kg級、講道館杯男子60kg級、2002年全日本選抜柔道体重別選手権男子60kg級で優勝するなど順調にキャリアを積み重ねました。2003年から階級を66kg級に上げると、その年の講道館杯男子66kg級で優勝。2004年にはアテネオリンピックの男子柔道66kg級で金メダルを獲得。2008年の北京オリンピックでも同階級で金メダルを獲得し、オリンピック2連覇を達成。日本補代表する柔道家の一人でしたが・・・。まさかこんな形で起訴されてしまうとは。まあ、しかたがないでしょう。拒否しなかったから合意があった、は通用しません。そもそも教え子に手を出した時点でアウトです。

posted in: 事件・裁判
tagged with: , , ,