グーグル、個人情報筒抜け?

posted by: takkongu

グーグル、個人情報筒抜け? はコメントを受け付けていません。

インターネット検索で世界最大手のグーグルが3月から変更する個人情報保護指針(プライバシーポリシー)に対し、懸念が広がっているそうです。なんでも同社のサービスを利用する過程で個人の行動や趣向が筒抜けになる恐れがあるのだとか。そのため欧州連合は延期を求め、日本でも総務省が対応の検討を始めたと言うことです。

問題となっているのは、検索や電子メール、動画配信など約60のサービス別に管理していた個人情報を組み合わせ、利用者ニーズを詳細に把握仕組み。検索精度を高めたり、ターゲットを絞った広告に生かす事を目的としていますが、これによってインターネット上の行動を丸ごと管理されてしまう恐れがあります。
アメリカでは一部の議員がグーグルへ質問状を送付し、フランス当局は、欧州データ保護指令に違反する可能性があるとする見解を明らかにしています。

グーグル側の説明では、アンドロイド携帯で通話した場合も、グーグルは電話番号、相手方の番号、通話の日時や通話時間などを集めるとしているとしていますが、一体何のために?。そもそもこう言った情報は通常、「通信の秘密」などで厳しい規制を受ける電話会社しか知り得ない内容です。これが実施されるならアンドロイド端末は使いたくないですね。

posted in: IT・テクノロジー
tagged with: , ,

タブレット携帯端末、米アマゾン2位に

posted by: takkongu

タブレット携帯端末、米アマゾン2位に はコメントを受け付けていません。

アメリカの調査会社IHSアイサプライが16日発表した昨年10~12月期のタブレット型携帯端末の世界出荷台数によると、競合他社より価格を抑えた新製品を投入したアメリカのアマゾン・コムがシェア14%を獲得し、2位に入ったそうです。

キンドル、売れているようです。とは言ってもアップルのアイパッドにはまだまだ及ばないようですが、2位の韓国サムスンを逆転しました。
日本では出版社との調整に目処が付いて、4月にも発売との話があります。日本ではどうなるでしょうか?。

キンドルはマゾンが製造・販売する電子ブックリーダー端末で、2007年11月19日にアメリカ合衆国で第1世代が発売されました。その後キンドル2、キンドル3と販売され、2011年9月26日にキンドル4が発売されています。また2011年11月15日には、アンドロイドベースのキンドルファイアが発売されています。
このキンドル、発売当初は売り上げが芳しくなく、発売開始からおよそ1年後の2008年11月での推定では約24万台と大苦戦。しかし、キンドル3から売り上げが伸び、2010年に800万台を販売したと推定されています。

posted in: IT・テクノロジー
tagged with: , ,

パチンコ店、1千億超申告漏れ

posted by: takkongu

パチンコ店、1千億超申告漏れ はコメントを受け付けていません。

全国のパチンコホール業者が国税当局の一斉調査を受け、約40グループで計1千億円超の申告漏れを指摘されたことが分かりました。

グループ業者は、親会社で保有していた含み損のある株を現物出資の形で新たに設立した子会社の資本金に充当し、子会社の株を対価として受け取っていました。その後受け取った子会社株を別の子会社への現物出資に利用して含み損を保有する子会社を増やす一方、子会社は株を時価で売却して簿価との差額分の含み損を実際の損失に転換。親会社は実損を発生させた子会社を黒字の関連企業と合併させて法人所得を減らし、グループ全体の法人税を圧縮していたと言うことです。
この手口は東京都千代田区の税理士事務所が開発したもので、グループ業者はいずれもこの税理士事務所から指南を受けていたとみられます。

パチンコ、と言えば昔から脱税がつきものでしたが、グループ全体とは言え1千億円ですか。ここまで来たら、もう反社会的組織のレベルです。脱税の手法を指南したコンサルティング会社もはっきりしており、しっかり取り締まって欲しいと思います。

posted in: その他
tagged with: ,