タブレット携帯端末、米アマゾン2位に

posted by: takkongu

タブレット携帯端末、米アマゾン2位に はコメントを受け付けていません。

アメリカの調査会社IHSアイサプライが16日発表した昨年10~12月期のタブレット型携帯端末の世界出荷台数によると、競合他社より価格を抑えた新製品を投入したアメリカのアマゾン・コムがシェア14%を獲得し、2位に入ったそうです。

キンドル、売れているようです。とは言ってもアップルのアイパッドにはまだまだ及ばないようですが、2位の韓国サムスンを逆転しました。
日本では出版社との調整に目処が付いて、4月にも発売との話があります。日本ではどうなるでしょうか?。

キンドルはマゾンが製造・販売する電子ブックリーダー端末で、2007年11月19日にアメリカ合衆国で第1世代が発売されました。その後キンドル2、キンドル3と販売され、2011年9月26日にキンドル4が発売されています。また2011年11月15日には、アンドロイドベースのキンドルファイアが発売されています。
このキンドル、発売当初は売り上げが芳しくなく、発売開始からおよそ1年後の2008年11月での推定では約24万台と大苦戦。しかし、キンドル3から売り上げが伸び、2010年に800万台を販売したと推定されています。

posted in: IT・テクノロジー
tagged with: , ,

パチンコ店、1千億超申告漏れ

posted by: takkongu

パチンコ店、1千億超申告漏れ はコメントを受け付けていません。

全国のパチンコホール業者が国税当局の一斉調査を受け、約40グループで計1千億円超の申告漏れを指摘されたことが分かりました。

グループ業者は、親会社で保有していた含み損のある株を現物出資の形で新たに設立した子会社の資本金に充当し、子会社の株を対価として受け取っていました。その後受け取った子会社株を別の子会社への現物出資に利用して含み損を保有する子会社を増やす一方、子会社は株を時価で売却して簿価との差額分の含み損を実際の損失に転換。親会社は実損を発生させた子会社を黒字の関連企業と合併させて法人所得を減らし、グループ全体の法人税を圧縮していたと言うことです。
この手口は東京都千代田区の税理士事務所が開発したもので、グループ業者はいずれもこの税理士事務所から指南を受けていたとみられます。

パチンコ、と言えば昔から脱税がつきものでしたが、グループ全体とは言え1千億円ですか。ここまで来たら、もう反社会的組織のレベルです。脱税の手法を指南したコンサルティング会社もはっきりしており、しっかり取り締まって欲しいと思います。

posted in: その他
tagged with: ,

4年ぶり御神渡りを確認

posted by: takkongu

4年ぶり御神渡りを確認 はコメントを受け付けていません。

長野県の諏訪湖で立春の4日、湖面に張った氷に亀裂が入ってせり上がる「御神渡(おみわた)り」が確認されました。

これは冬期に諏訪湖の湖面が全面氷結し、氷の厚さが一定に達したとき、希に起こる自然現象です。湖面の氷が昼夜の気温差に応じて膨張と収縮する為、昼間の気温上昇で氷がゆるみ、気温が下降する夜中に氷が収縮し、大音響とともに湖面上に亀裂が走りせりあがる。この自然現象を御神渡り(おみわたり)と呼び、御神渡りが現れた年の冬には、無形民俗文化財に指定されている御渡り神事(みわたりしんじ)が八剱神社の神官により諏訪湖畔で執り行われる事になっています。御渡り神事では、亀裂の入り方などを御渡帳(みわたりちょう)などと照らし、その年の天候、農作物の豊作・凶作を占い、世相を予想する拝観式が行われます。

発生したのは2008年1月以来4年ぶり。御神渡は諏訪大社上社(諏訪市)の男神が下社(下諏訪町)の女神の元へ通う時に出来た、神が通った後と言い伝えられています。ちなみにこの現象が御神渡であるかどうかを認定するのは、諏訪湖近くの八剱(やつるぎ)神社なのだそうです。

posted in: その他
tagged with: , ,