台湾は王建民先発へ

posted by: takkongu

台湾は王建民先発へ はコメントを受け付けていません。

野球の国と地域別対抗戦、第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の東京2次ラウンドは8日に東京ドームで開幕し、1次ラウンドA組2位の日本は、B組1位の台湾と対戦します。日本は能見(阪神)が先発、台湾はメジャー・リーグで活躍した王建民となっています。

王建民は、2000年にニューヨーク・ヤンキースと約200万ドルのマイナー契約を交わして入団。2005年4月30日にメジャーデビューし、5月10日のシアトル・マリナーズ戦で初勝利を挙げるとこの年8勝をマーク。2006年と2007年には19勝をあげましたが、2008年に走塁時に右足を故障して以降成績が低迷。2010年にワシントン・ナショナルズへ移籍、そのナショナルズも2012年にフリーエージェントとなっています。

この投手を日本で見ることが出来るとは思いませんでした。もっとも、全盛期は無理だったでしょう。事実、前回のWBCでは台湾代表を辞退しています。もし、全盛期の王建民であれば日本の苦戦は必至でしたが、今ならば話は別です。

posted in: スポーツ
tagged with: , , ,

Comments are closed