『飛び出す』症状

posted by: takkongu

『飛び出す』症状 はコメントを受け付けていません。

ヘルニアとは、『飛び出す』という意味。椎間板ヘルニアは文字通り、中身である髄核が飛び出してしまう症状をさします。

20歳代からすでに始まる椎間板の加齢的変化や、不良姿勢などの背骨のかかる負荷の積み重ねにより線維輪が膨らんだり、亀裂が生じて中身である髄核が外にはみ出します。この結果、脊髄や神経根を圧迫して症状があらわれるのです。

中腰で重いものを持ったり運んだり、腰を強くひねったり長時間の座り仕事や運動など背骨に負担をかけたりと、これらの動作を繰り返すことで椎間板ヘルニアになることが多くなっています。
さらに加齢とともにカルシウム不足が骨粗しょう症や骨の変形を引き起こし、ちょっとした衝撃で骨が欠け、椎間板を潰してしまうこともあります

椎間板ヘルニアが起こりやすい状態としては

・椎間板にストレスが加わる座位での仕事が多い
・急激に重い物を持ち上げようとしたり、激しいスポーツで腰をひねったりする
・腰の周辺が常に緊張したように硬くなっている
・始めは腰の痛みの症状から、坐骨神経痛がでてくる
・筋力の低下や臀部の筋萎縮が認められる
・仰向けに寝て、膝を伸ばした状態で足を上げた時、20~30°で痛みがある
・20~30歳代の急激な腰の痛みがあった
・アキレス腱反射がない

などがあります。

posted in: 健康・美容
tagged with: ,

Comments are closed