代表的な症状

posted by: takkongu

代表的な症状 はコメントを受け付けていません。

パニック発作とはパニック障害の代表的な症状です。突然何の理由もなく激しい不安とともに胸がドキドキする・しめつけられる・息ができないなど、主に心臓の中心とした自律神経障害が複数重なって起こります。

症状は10分以内にピークに達し、数分から一時間以内におさまることがほとんどです。「死ぬのではないか」と恐怖し、救急車で病院に運ばれても、その頃には症状は治まっていて検査をしても身体はどこも悪くないので異常はみつかりません。

パニック発作は、他とはっきり区別される強烈な恐怖感や不快感であり、13症状のうち4つまたはそれ以上が突然に発現し、10分以内にその頂点に達することで診断されます。

1.動悸・心悸亢進・または心拍数の増加
2.発汗
3.身震い・またはふるえ
4.息切れ感・または息苦しさ
5.窒息感
6.胸痛・または胸部不快感
7.嘔気・または腹部の不快感
8.めまい感・ふらつく感じ・頭が軽くなる感じ・または気が遠くなる感じ
9.現実感消失(現実でない感じ)・または離人症状(自分自身から離れている)
10.コントロールを失うことに対する、または気が狂うことに対する恐怖
11.死ぬことに対する恐怖
12.異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
13.冷感または熱感

また恐ろしいパニック発作が起きるのではないかと発作を予測し悩み心配し、今度こそ死んだりあるいは狂ってしまうのではないか、などの不安にとらわれるのが予期不安。
また、自分は重い病気なんではないか、発作が起きても誰も助けてくれないのではないか、その場から逃げ出せないのではないか、恥をかくのではないか、人に迷惑をかけるのではないか、などの不安を訴えたりします。

「またその場所に行ったら発作が起きるのではないか・・・」「もしも逃げ場のない場所でパニック発作が起きたら・・・」などと思うことから、公園や大通り・人ごみ・電車やバス・エスカレーター・美容室や理容室などの椅子や、スーパーのレジ待ちなど発作が起きても他人ばかりで助けが得られなかったり、そこからすぐには逃げられなさそうな場所を恐れ避けようとするのが広場恐怖。
そのため一人では外出や電車に乗ることができなくなる事も多く、恐怖を感じる場所に地近づくだけで心臓がドキドキしたり息苦しくなったりすることもあります。

他に“二次的うつ”もパニック障害の症状にあげられます。

posted in: 健康・美容
tagged with: ,

Comments are closed