原発42年ぶり稼働ゼロに

posted by: takkongu

原発42年ぶり稼働ゼロに はコメントを受け付けていません。

北海道泊村にある北海道電力の泊原発3号機(出力91.2万キロワット)が5日深夜、定期検査のため発電を停止しました。これによって、国内の原子力発電所50基すべての発電が停止したことになります。全ての原子力発電所が停止するのは、1970年以来42年ぶりの事です。

野田政権は原発の再稼働が必要だとして、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を目指しています。しかし、関西の自治体が再稼働に慎重なこともあって地元の説得に時間がかかっており、めどは立っていません。このまま夏場のピークを迎えてしまうのか・・・・。東日本大震災直後、輪番停電をしていた頃でさえ全ての原発が停止していた訳ではありません。それが40年ぶりに全原発が停止して、夏場の消費電力ピークを迎えたらどうなるのか?。また輪番停電か、最悪の場合大規模停電の可能性もあり得ます。特に関西電力管内。関西電力は総発電量の55%が原子力、原発の再稼働無しではとても必要電力を賄えないでしょう。

posted in: その他
tagged with: ,

Comments are closed