松井がレイズとマイナー契約

posted by: takkongu

松井がレイズとマイナー契約 はコメントを受け付けていません。

メジャー・リーグのタンパベイ・レイズは4月30日、オークランド・アスレチックスからフリーエージェント(FA)になり、まだ今季の所属が決まっていなかった松井秀喜外野手(37)とマイナー契約を結んだと発表しました。同日フロリダ州に入った松井は、1日(日本時間2日)に入団会見に臨み、2日から同州ポートシャーロットのキャンプ施設で練習を開始する予定です。

松井は2009年、ワールドシリーズMVPを獲得するなど活躍しましたが、ヤンキースはその年契約が切れる松井と再契約せず、松井はロサンゼルス・エンゼルスと契約しました。しかし、エンゼルスでも思うような活躍が出来ず、2010年にはアスレチックスと契約。アスレチックスでもかつてのような活躍を見せることが出来ず、シーズンオフにはアスレチックスからの残留要請の他、シカゴ・ホワイトソックスなどからのオファーもありながら条件面で折り合わなかったと言われ、年を越しても所属球団が決まっていませんでした。その結果がレイズとのマイナー契約というのですから、他球団の提示した条件というのはどんなに低評価だったのか・・・。

日本が誇る現役最強のホームラン打者も、遂にマイナー契約です。今後はマイナーの試合に出場しながらメジャー昇格を目指す事になりますが、契約期間は1年であり、もし昇格出来なければ今シーズンが最後、と言う可能性が高いでしょう。松井にとっては最後のチャンスになりそうです。

posted in: スポーツ
tagged with: , , ,

Comments are closed