北朝鮮外交官、イタリアで亡命希望か

posted by: takkongu_master

No Comments »

 韓国の国会議員が3日に発表したところによると、北朝鮮の駐イタリア大使代理が昨年11月に妻と共に公館を離れ、身を隠しているそうです。

 複数の韓国メディアによれば、大使代理は第三国への亡命を希望、現在イタリア政府に保護されていると言うことです。

 情報源は韓国の情報機関、大韓民国国家情報院(国情院)で、国会議員は国情院から報告を受けたと記者団に述べています。

 大韓民国国家情報院はかつて韓国中央情報部(KCIA)と呼ばれた組織で、その後国家安全企画部と改称され、1999年に金大中政権が廃止。規模を縮小、大統領直属機関として新たに設置されたものです。

 国情院は、大使代理の亡命の意思や妻以外の家族等については、答えられないとしています。

 韓国紙の聯合ニュースによると、イタリアの外交関係者は現地時間の3日、少なくとも同国外務省は大使代理から亡命要請は受けていないと述べたそうです。ただし、別の政府機関や外国公館の介入については、可能性を否定していないと言う事です。

 文在寅大統領就任以降、韓国と北朝鮮の関係は極めて良好です。アメリカとも核の放棄と経済制裁の解除に向けた協議は継続中。それでも、こう言う事が起きるのですから、北朝鮮内部の実情は想像できると言うものでしょう。

posted in: 海外

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です