上申書と所属変更願を提出

posted by: takkongu_master

No Comments »

大相撲の元横綱・貴乃花親方が25日に日本相撲協会へ提出した引退届について、協会側は受理していないことを明らかにしました。

貴乃花部屋に所属する力士らを千賀ノ浦部屋へ移籍させるための所属変更願いについても、受理されなかったそうです。理由は共に、書類上の不備。

まず、協会の職を辞するために必要なのは引退届ではなくて、退職届であること。そしうて、所属変更願いには移籍先である千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)の署名・捺印が必要だとしています。

これを受けて貴乃花親方の代理人弁護士は27日、提出済みの引退届を退職届として扱うよう要請する上申書を同協会に提出。所属先変更願は、貴乃花親方と千賀ノ浦親方26日に協議し、改めて書類を作成、協会に提出しました。

協会は来月1日に臨時の理事会を開き、貴乃花親方の退職と所属力士らの所属変更について審議すると言う事です。

やっと動き出したようですが、協会は貴乃花親方に圧力をかけた事実を否定していますし、このまますんなりいくのかどうか。退職を認めず、除名なんて事態もあるかも知れません。

posted in: スポーツ
tagged with: ,

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です