元教授、ラジオに出演中連行される

posted by: takkongu_master

No Comments »

中国政府の政策を公開書簡で批判していた元教授が、1日にアメリカのラジオ番組に電話取材で出演している最中、治安当局によって連行されました。

連行されたのは孫文広氏で、山東大学の元教授。アメリカの国営ラジオ「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」の中国語番組に自宅から電話取材で出演していたところ、治安当局が押し入り、そのまま連行されたとみられます。

孫文広氏は先月、習主席がアフリカを訪問した際、中国政府がアフリカで行っているばらまき政策を批判する書簡を発表していました。海外にばらまいている分を、国内で使うべきだと言う内容です。何しろ中国では様々な社会問題への対応が追いつかず、福祉を初めとする社会インフラの整備も遅れています。

孫氏の最後の言葉は、「私には言論の自由がある」だったそうです。しかし、中国にそんなものが無いのは誰でも知っていること。しかも、アメリカのラジオ番組に出演中押し入ったと言う事は、盗聴されていたと言う事でしょうか?。これ以上余計なことを言わないように、と。

共産党による一党独裁体制と、それを支えるための監視社会。特に最近は、習近平国家主席の個人崇拝を強めており、以前にも増して批判的な言動に厳しくなっている感があります。

posted in: 海外
tagged with:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です