パチンコ店、1千億超申告漏れ

posted by: takkongu

パチンコ店、1千億超申告漏れ はコメントを受け付けていません。

全国のパチンコホール業者が国税当局の一斉調査を受け、約40グループで計1千億円超の申告漏れを指摘されたことが分かりました。

グループ業者は、親会社で保有していた含み損のある株を現物出資の形で新たに設立した子会社の資本金に充当し、子会社の株を対価として受け取っていました。その後受け取った子会社株を別の子会社への現物出資に利用して含み損を保有する子会社を増やす一方、子会社は株を時価で売却して簿価との差額分の含み損を実際の損失に転換。親会社は実損を発生させた子会社を黒字の関連企業と合併させて法人所得を減らし、グループ全体の法人税を圧縮していたと言うことです。
この手口は東京都千代田区の税理士事務所が開発したもので、グループ業者はいずれもこの税理士事務所から指南を受けていたとみられます。

パチンコ、と言えば昔から脱税がつきものでしたが、グループ全体とは言え1千億円ですか。ここまで来たら、もう反社会的組織のレベルです。脱税の手法を指南したコンサルティング会社もはっきりしており、しっかり取り締まって欲しいと思います。

posted in: その他
tagged with: ,

Comments are closed