ユーチューブ本社銃撃犯、検閲に怒り?

posted by: takkongu

No Comments »

 動画投稿サイト「ユーチューブ」の本社(カリフォルニア州サンブルーノ)敷地内で銃撃事件を起こし、自殺したとみられる女性は、自身で投稿した動画が視聴できなくなったことに怒りを募らせていたそうです。

 容疑者はカリフォルニア州に住むナシム・アグダム容疑者(39)で、現地時間の3日1時頃、ユーチューブ本社の敷地内にある喫茶店で発砲し、3人を負傷させた後に銃を使って自殺したとみられます。

 地元メディアの報道によると、アグダム容疑者はいわゆるユーチューバーで、投稿した動画から広告収入を得ていました。ところが、投稿した動画がユーチューブの検閲を受けて削除され、視聴できなくなって広告収入が入らなくなったことで、ユーチューブへの不満を口にしていたと言う事です。

 アグダム容疑者、ユーチューブ以外の収入は無かったんでしょうか?。収入源を絶たれて絶望した、のか?。しかし、動画を削除する度に本社で銃撃事件を起こされたら、今頃ユーチューブの本社は蜂の巣でしょう。IS関連の動画も削除されているはずですし、これは、あくまでも例外的な事件です。

posted in: 海外
tagged with:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です