上野動物園で女性飼育員が負傷

posted by: takkongu

No Comments »

 上野動物園でで20日午後4時半頃、女性飼育員がゴリラに右腕を噛まれて負傷する騒ぎがありました。

 飼育員は救急搬送されましたが、命に別状は無いと言う事です。

 負傷したのは50代の女性飼育員で、ゴリラを展示スペースから寝室スペースへ誘導している最中に襲われた模様です。誘導する場合、柵を隔てて直接ゴリラと接触しないようになっているのですが、柵の扉が開いて襲われたと見られます。

 こう言う事故はたまに報道されますが、原因はだいたい「扉の鍵が開いていた」と言った初歩的なミスです。昨年の2月にも、小諸市動物園で20代の女性飼育員がライオンに襲われて重症を負う事故がありましたが、事故原因を調査した検証委員会は「人為的ミス」と結論づけています。今回も多分そんな所でしょう。

 当時展示スペース内にはゴリラが8頭いたそうですが、腕を咬まれただけというのは、追い払おうとしただけだったのかも知れません。

 正しい手順を踏めば通常は起こらない事故で、動物の方も被害者と言えます。

posted in: 事故・災害
tagged with:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です