4年ぶり御神渡りを確認

posted by: takkongu

4年ぶり御神渡りを確認 はコメントを受け付けていません。

長野県の諏訪湖で立春の4日、湖面に張った氷に亀裂が入ってせり上がる「御神渡(おみわた)り」が確認されました。

これは冬期に諏訪湖の湖面が全面氷結し、氷の厚さが一定に達したとき、希に起こる自然現象です。湖面の氷が昼夜の気温差に応じて膨張と収縮する為、昼間の気温上昇で氷がゆるみ、気温が下降する夜中に氷が収縮し、大音響とともに湖面上に亀裂が走りせりあがる。この自然現象を御神渡り(おみわたり)と呼び、御神渡りが現れた年の冬には、無形民俗文化財に指定されている御渡り神事(みわたりしんじ)が八剱神社の神官により諏訪湖畔で執り行われる事になっています。御渡り神事では、亀裂の入り方などを御渡帳(みわたりちょう)などと照らし、その年の天候、農作物の豊作・凶作を占い、世相を予想する拝観式が行われます。

発生したのは2008年1月以来4年ぶり。御神渡は諏訪大社上社(諏訪市)の男神が下社(下諏訪町)の女神の元へ通う時に出来た、神が通った後と言い伝えられています。ちなみにこの現象が御神渡であるかどうかを認定するのは、諏訪湖近くの八剱(やつるぎ)神社なのだそうです。

posted in: その他
tagged with: , ,

Comments are closed