WHO、砂糖入り飲料に課税を呼びかけ

posted by: takkongu

No Comments »

 世界保健機関(WHO)は11日、「肥満や糖尿病を世界で増やす主要因」だとして、砂糖の入った飲料への課税を進めるよう各国に呼び掛けました。

 WHOは、「価格が上がれば、消費が減る明確な証拠がある」としたうえで、「政府が課税すれば、人々の命を救える」主張しています。

 イギリスでは、課税によって食習慣の改善を促すため、清涼飲料水に含まれる砂糖の量に応じて課税する「砂糖税」を2018年4月から導入する事が決まっています。課税が発表された直後は、飲料メーカーの株価が大幅下落。飲料メーカーからは「砂糖を含む食品は他にもあるのに、清涼飲料水だけに課税するのは不公平だ」と不満の声が上がっています。

 飲料メーカーの不満ももっともでしょう。これ例えば、飲料の糖分をゼロにして、シロップや砂糖を店頭で飲料の購入者に無料で配るとかしたら、どうなるでしょう?。

 本当に肥満や糖尿病を減らすなら、砂糖そのものに課税しないと効果は無いような気がします。

posted in: 健康・美容
tagged with: ,

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です