ヤフーで5億人分の情報流出

posted by: takkongu

No Comments »

 インターネット検索大手ヤフー(アメリカ)の22日発表によると、2014年に少なくとも5億人のユーザーに関する情報が盗まれたそうです。

 ヤフーの説明によると、流出したとみられるデータは、氏名、生年月日、電話番号、電子メールのアドレス、暗号化されたパスワードなど。保護されていないパスワードや決済カード、銀行口座などの情報は含まれていないと言う事です。

 5億人分のデータ流出というのは過去最大級ですね。ヤフーは国家の支援を受けたハッカーによる攻撃、との見方をしています。過去にロシアの情報当局が関与した情報流出事件と似ている、と言う話もありまが、ヤフーがいつ情報流出に気がついたのか、何故公表に2年もかかったかについての説明は今のところありません。

 ちなみに情報流出があったのはアメリカのヤフーで、ヤフージャパンは影響を受けていません。

 それにしても世界的なIT企業でこれほどの情報流出があるのでは、ネット上に「安心」など無いのかも知れません。

posted in: 海外
tagged with:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です