愛ちゃん、結婚

posted by: takkongu

No Comments »

 リオデジャネイロ・オリンピックの卓球女子団体で銅メダルを獲得した福原愛選手(27)が、同じく卓球で台湾代表選手の江宏傑選手(27)と今月初めに婚姻届を提出、結婚したそうです。既に台湾に新居を購入しているとの報道もあります。

 福原選手は3歳で競技を始め、早くから天才少女としてマスコミに登場。5歳10ヶ月の時には全日本選手権バンビの部(小2以下)において、史上最年少で優勝。10歳4ヶ月でプロ宣言してミキハウス(大阪府八尾市)と専属契約。14歳で2003年世界卓球選手権個人戦に抜擢され、見事ベスト8に進出しました。

 2004年のアテネ・オリンピックには史上最年少の15歳で出場。2012年のロンドン・オリンピックでは女子団体で銀メダル、2016年のリオデジャネイロ・オリンピックでも女子団体で銅メダルを獲得。世界選手権でも銅メダル5個、銀メダル1個を獲得し、世界卓球連盟(ITTF)の世界ランキングでは最高4位にランキングされています。

 昨春腰を痛めて昨年1月の全日本選手権を欠場した福原選手を、江選手が励ましたのが交際のきっかけだったそうです。今年4月に週刊文春が二人の交際を報道した際には「良いお付き合いをさせていただいております」と交際を認めるコメントをしていました。二人とも、結婚後も競技生活は続けると言う事です。

 あの天才少女、卓球の愛ちゃんも27歳ですか。母親の英才教育を受けて、時に涙を流す姿がテレビで流れていたのが昨日の事のようです。

posted in: スポーツ
tagged with:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です