都知事選、野党候補一本化を検討

posted by: takkongu

No Comments »

 東京との桝添知事が辞任したことに伴い、民進、共産、社民、生活の党と山本太郎となかまたちの野党4党は、東京都知事選挙における候補一本化の検討を始めたようです。

 民進党の岡田代表は16日の記者会見で「野党4党プラス市民という枠組みは重要だ」と述べ、共産党の志位和夫委員長も「国政、都政ともに4野党プラス市民という戦いで戦えるように努力したい」と述べたものです。

 野党統一候補として有力視されているのは、民進党の代表代行を務める蓮舫議員。他の4党からも「蓮舫氏なら勝てる」との声が上がっており、蓮舫氏自身は15日に記者団の質問に「仲間の思いや声は大事にしたい」と答え、出馬に含みを持たています。

 ただ、前回共産党が推薦した元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏は、「複数の市民団体などから要請を受けている」と述べ、出馬の可能性を示唆しています。

 参議院選挙でも野党は候補の統一作業を進めております、都知事選でも与党対野党の構図。第2次安倍政権誕生後は選挙で自民党の連勝が続き、自民党1強時代と言われていますから、野党も生き残りをかけて必死です。

posted in: 政治・経済
tagged with:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です