鴻海とシャープが買収契約に調印

posted by: takkongu

No Comments »

 台湾の鴻海精密工業とシャープは2日、鴻海によるシャープ買収について正式契約を交わしました。

 同日、両社で共同運営する堺ディスプレイプロダクト(堺市堺区)で会見を開き、その冒頭で鴻海の郭会長、シャープの高橋興三社長らが出資に関する契約書にサインしました。10月5日までに鴻海グループからシャープに3888億円を出資し、鴻海は議決権ベースで約66%を握る筆頭株主となります。

 郭会長は社員の雇用について「なるべく全員残れるように配慮する」とし、2015年に3年で黒字化してみせると語っていたことについて、今回は「短期間で」と言うに止めて具体的な時期については明言を避けました。

 紆余曲折ありましたが、遂に正式契約が交わされ、シャープは鴻海の傘下に入りました。しかし、事業の売却やリストラもせずに、壊滅的な状態のシャープを本当に立て直せるのでしょうか?。もしこれで短期間の内に黒字化できたら、シャープの経営者がよっぽど経営が下手だったと言うことになります。

posted in: 政治・経済
tagged with: ,

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です