振り込め詐欺に遭いやすい名

posted by: takkongu

振り込め詐欺に遭いやすい名 はコメントを受け付けていません。

振り込め詐欺の被害が絶えない現状を受け、大分県警が「被害に遭いやすい名前」の人に、NTTの電話帳から氏名を削除するよう促しているそうです。対象となるのは高齢女性に多いキク」「ハナ」といったカタカナ表記の名前か、名前の末尾が「代」「枝」「江」「子」などの人。NTT西日本は「振り込め詐欺に使われるのは不本意」と協力的だと言うことです。

振り込め詐欺の被害者は電話帳に名前を載せている人が多い上、独り暮らしの高齢者を狙う犯人は、年配女性に比較的多いこれらの名前を電話帳から探し出す傾向があるという。そのため、県警は昨年11月までに約1万7千枚のはがきを県内に発送、文面で電話帳の個人情報が詐欺に使われやすいことを伝え、氏名の削除手続きができる電話番号「116」を紹介しているとのことです。

なるほど、そう言う物を手がかりにしていたのか。年代毎に流行の名前、と言うのはあるから。それにしても、まったく、よく考える物です。

posted in: 事件・裁判
tagged with: ,

Comments are closed