ユーロ、一時100円73銭

posted by: takkongu

ユーロ、一時100円73銭 はコメントを受け付けていません。

28日のニューヨーク外国為替市場で、円は対ユーロで一時、1ユーロ=100円73銭まで上昇し、2001年6月以来約10年半ぶりの円高・ユーロ安水準をつけました。

アメリカの輸出企業が年末の決済を控え、ドルを確保するためユーロを売った影響が大きかったとかで。リーマンショックの前、ドル独歩安と言われた頃、非常にユーロが強く「ギャラはドルではなくユーロにしてくれ」と言ったスポーツ選手だか芸能人だかがいました。あれから5年もたっていないのに、ギリシャで巨額の財政赤字が隠蔽されていたことが発覚し、金融危機がユーロ圏全域に波及。さらに世界中を巻き込んでパニック状態となり、ユーロの存続さえ危ぶまれる事態。あのとき、本当にギャラをユーロで貰っていたなら、今頃大暴落で目も当てられないでしょう。

日本にとっても深刻で、円高・ユーロ安とユーロ圏の景気悪化で輸出が激減、または為替差損の発生で企業の業績が悪化すれば、長引く景気低迷とデフレが益々悪化してしまいます。

posted in: 政治・経済
tagged with: , ,

Comments are closed