別のタンク2基でも汚染水漏れか

posted by: takkongu

別のタンク2基でも汚染水漏れか はコメントを受け付けていません。

東京電力の22日発表によると、福島第一原子力発電所に設置されている汚染水の貯蔵タンクを緊急点検した結果、2基の表面から最大で毎時100ミリ・シーベルトの高い放射線量を計測したそうです。
タンク内の水位に変化はないものの、300トンの汚染水漏れが判明したタンク周辺の水たまりと同じ高線量のため、東電は微量の汚染水が漏れた可能性もあるとみて調べています。

この汚染水漏れ、19日に「レベル1」と暫定評価していましたが、東京電力が20日に報告した汚染水の漏出量が300トンと多いことなどから、8段階の深刻度のうち、下から4番目の「レベル3」へ2段階の引き上げを検討しています。

福島第一原子力発電所の敷地内には、汚染水を保存するためのタンクが大量に設置され、今も増え続ける汚染水のために建設が続いています。あれだけ大量のタンクを突貫工事で作り続ければ、どこかで事故が起きるのではないかと心配していたら、やはりこう言う事になってしまいました。

posted in: 事故・災害
tagged with: , ,

Comments are closed