内柴正人容疑者を準強姦罪で起訴

posted by: takkongu

内柴正人容疑者を準強姦罪で起訴 はコメントを受け付けていません。

東京地検は27日、教え子の女子柔道部員に酒を飲ませて暴行したとして、アテネオリンピックと北京オリンピックの柔道男子66キロ級金メダリストで、元九州看護福祉大女子柔道部コーチの内柴正人容疑者(33)を準強姦罪で東京地裁に起訴しました。内柴容疑者は「合意があった」と容疑を否認しているということです。

内柴正人は1999年に嘉納治五郎杯男子60kg級で優勝、同年のオーストリア国際男子60kg級でも優勝。しかし、同じ年の全日本選抜柔道体重別選手権で減量に失敗、計量を前に道端で倒れ出場辞退しました。
その後、翌年の世界大学選手権男子60kg級で優勝し、全日本選抜柔道体重別選手権男子60kg級で3位になると、2001年のユニバーシアード男子60kg級、講道館杯男子60kg級、2002年全日本選抜柔道体重別選手権男子60kg級で優勝するなど順調にキャリアを積み重ねました。2003年から階級を66kg級に上げると、その年の講道館杯男子66kg級で優勝。2004年にはアテネオリンピックの男子柔道66kg級で金メダルを獲得。2008年の北京オリンピックでも同階級で金メダルを獲得し、オリンピック2連覇を達成。日本補代表する柔道家の一人でしたが・・・。まさかこんな形で起訴されてしまうとは。まあ、しかたがないでしょう。拒否しなかったから合意があった、は通用しません。そもそも教え子に手を出した時点でアウトです。

posted in: 事件・裁判
tagged with: , , ,

Comments are closed