北朝鮮外交官、イタリアで亡命希望か

posted by: takkongu_master

No Comments »

 韓国の国会議員が3日に発表したところによると、北朝鮮の駐イタリア大使代理が昨年11月に妻と共に公館を離れ、身を隠しているそうです。

 複数の韓国メディアによれば、大使代理は第三国への亡命を希望、現在イタリア政府に保護されていると言うことです。

 情報源は韓国の情報機関、大韓民国国家情報院(国情院)で、国会議員は国情院から報告を受けたと記者団に述べています。

 大韓民国国家情報院はかつて韓国中央情報部(KCIA)と呼ばれた組織で、その後国家安全企画部と改称され、1999年に金大中政権が廃止。規模を縮小、大統領直属機関として新たに設置されたものです。

 国情院は、大使代理の亡命の意思や妻以外の家族等については、答えられないとしています。

 韓国紙の聯合ニュースによると、イタリアの外交関係者は現地時間の3日、少なくとも同国外務省は大使代理から亡命要請は受けていないと述べたそうです。ただし、別の政府機関や外国公館の介入については、可能性を否定していないと言う事です。

 文在寅大統領就任以降、韓国と北朝鮮の関係は極めて良好です。アメリカとも核の放棄と経済制裁の解除に向けた協議は継続中。それでも、こう言う事が起きるのですから、北朝鮮内部の実情は想像できると言うものでしょう。

posted in: 海外

上申書と所属変更願を提出

posted by: takkongu_master

No Comments »

大相撲の元横綱・貴乃花親方が25日に日本相撲協会へ提出した引退届について、協会側は受理していないことを明らかにしました。

貴乃花部屋に所属する力士らを千賀ノ浦部屋へ移籍させるための所属変更願いについても、受理されなかったそうです。理由は共に、書類上の不備。

まず、協会の職を辞するために必要なのは引退届ではなくて、退職届であること。そしうて、所属変更願いには移籍先である千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)の署名・捺印が必要だとしています。

これを受けて貴乃花親方の代理人弁護士は27日、提出済みの引退届を退職届として扱うよう要請する上申書を同協会に提出。所属先変更願は、貴乃花親方と千賀ノ浦親方26日に協議し、改めて書類を作成、協会に提出しました。

協会は来月1日に臨時の理事会を開き、貴乃花親方の退職と所属力士らの所属変更について審議すると言う事です。

やっと動き出したようですが、協会は貴乃花親方に圧力をかけた事実を否定していますし、このまますんなりいくのかどうか。退職を認めず、除名なんて事態もあるかも知れません。

posted in: スポーツ
tagged with: ,

元教授、ラジオに出演中連行される

posted by: takkongu_master

No Comments »

中国政府の政策を公開書簡で批判していた元教授が、1日にアメリカのラジオ番組に電話取材で出演している最中、治安当局によって連行されました。

連行されたのは孫文広氏で、山東大学の元教授。アメリカの国営ラジオ「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」の中国語番組に自宅から電話取材で出演していたところ、治安当局が押し入り、そのまま連行されたとみられます。

孫文広氏は先月、習主席がアフリカを訪問した際、中国政府がアフリカで行っているばらまき政策を批判する書簡を発表していました。海外にばらまいている分を、国内で使うべきだと言う内容です。何しろ中国では様々な社会問題への対応が追いつかず、福祉を初めとする社会インフラの整備も遅れています。

孫氏の最後の言葉は、「私には言論の自由がある」だったそうです。しかし、中国にそんなものが無いのは誰でも知っていること。しかも、アメリカのラジオ番組に出演中押し入ったと言う事は、盗聴されていたと言う事でしょうか?。これ以上余計なことを言わないように、と。

共産党による一党独裁体制と、それを支えるための監視社会。特に最近は、習近平国家主席の個人崇拝を強めており、以前にも増して批判的な言動に厳しくなっている感があります。

posted in: 海外
tagged with: